悪玉コレステロール

健康診断でコレステロールが高いと言われたことはありますでしょうか。

『肝臓のはなし』 竹原徹郎著 に記載がありましたのでご紹介いたします。

コレステロール自体は細胞膜の成分など体にとても大切な成分です。肝臓はコレステロールを作り全身に運んでおります。肝臓は脂質をVLDL(脂質とたんぱく質の複合体)として分泌しており、この中にコレステロールも含まれております。VLDLはまず脂肪組織に行き、中性脂肪を脂肪組織に引き渡します。引き渡したあとは少し組成が変わりLDLとなり、末梢の様々な組織に行き、細胞膜の構成や、ステロイドホルモン、ビタミンDの原料としてコレステロールを運びます。この際血管内皮細胞にコレステロールが輸送され、蓄積されすぎると動脈硬化の原因になります。そのためLDLは悪玉コレステロールと呼ばれたりします。

関連記事

アプリ

カレンダー

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

PAGE TOP