処方せんとは

処方せんとは

処方せん(しょほうせん)とは、医師が患者様に対して薬を処方する際に使用する文書のことで、患者様のお名前、ご年齢、処方される薬の名前、用量、服用方法、処方せんの日付などが記載されているものです。

処方せんは、患者様が薬局で処方された薬を受け取る時に必要になり、その処方せんを見ながら薬剤師が患者様に適切な薬を提供し、必要に応じて患者様に服薬方法やアドバイスをいたします。

処方せんは、患者様の健康状態や病状に応じて適切な薬を処方するために重要な文書で、処方せんは患者様の医療記録の一部として保管され、その後の診療や薬の調剤の参考にすることもあります。

処方せんは医療従事者によって作成される公的な文書になるため、患者様が自己判断で薬を入手するために使用することはできません。

医師や薬剤師の指示に従って、適切な薬の使用方法や服用量を確認することが大切です。

お薬手帳が必要な理由

処方せんと一緒にお薬手帳を出していただくことで、薬剤師が過去のお薬の履歴を見ることができるため、お薬の飲み合わせや重複を避けることができて、より患者様の健康に合わせた服用方法のアドバイスをすることができます。

アプリ

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

PAGE TOP